Windows

arm-none-eabi-gdb

ARMはWindows向けに.exeインストーラを提供しています。ここから1つを入手して、手順に従って下さい。 インストールプロセスが終了する直前に"環境変数にパスを追加"オプションを選択します。 その後、ツールが%PATH%にあることを確認します。

$ arm-none-eabi-gcc -v
(..)
gcc version 5.4.1 20160919 (release) (..)

OpenOCD

Windows用のOpenOCDの公式バイナリはありませんが、こちらの非公式なリリースが利用可能です。 0.10.xのzipファイルを入手し、ハードディスクのどこかに展開して下さい(C:\OpenOCDをお勧めしますが、あなたが分かるドライブ名を使用してください)。 その後、%PATH%環境変数がC:\OpenOCD\bin(もしくはあなたがOpenOCDのzipファイルを展開したパス)を含むように更新します。

OpenOCDが%PATH%にあることを確認します。

$ openocd -v
Open On-Chip Debugger 0.10.0
(..)

PuTTY

このサイトから最新のputty.exeをダウンロードし、%PATH%が通っているどこかに置いて下さい。

ST-LINK USB driver

このUSBドライバもインストールする必要があります。そうでなければOpenOCDは動きません。インストーラの手順に従って下さい。 そして、正しいドライバのバージョン(32ビットか64ビット)をインストールすることを確認して下さい。

以上です!次のセクションに進んで下さい。